重点テーマ

4つの重点テーマと具体的な取り組み

1.医療福祉・建設業界の人材定着の促進と多様な就業機会の創出

  • 人材ニーズを充足するマッチングの実現
  • 潜在資格保有者への復職支援
  • 資格取得支援による能力開発や専任チームの設置
トライトグループでは、全国のキャリアアドバイザーを中心とする従業員の知見や経験を活かし、人材ニーズを充足するマッチングを実現することで、入職後の定着率向上を目指しています。また、医療福祉業界の資格を持ちながらも、ライフステージの変化等により仕事を離れている、または資格を活用した仕事に就いていない潜在資格保有者に対し、業界への復職支援にも注力しています。求職者様の希望に沿った働き方ができるよう、多様な選択肢を提案し、医療福祉業界における就業機会の創出に貢献しています。

トライトの傘下で医療福祉業界の人材紹介・派遣サービスを提供している株式会社トライトキャリアでは、介護職の入門資格とされる「介護職員初任者研修」が取得できる介護人材育成のためのスクール「介護ワーカーカレッジ」を運営しています。介護職に興味を持つ人の背中を押し、技術的・職業的スキルを身に着ける場の提供と就業支援を行うことで、介護事業所や医療現場で活躍できる人材の輩出と、介護領域で働く従事者の方々のキャリア形成を支援しています。なお、トライトキャリアは、本取り組みにおいて経済産業省の「リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業」における補助事業者に採択されています。18歳以上の方は、「介護ワーカーカレッジ」において全講座に出席且つ資格取得を条件に受講費が全額免除となります。
さらに、建設業界においても、資格取得支援による能力開発や専任チームによる定着支援等に取り組んでいます。

介護ワーカーカレッジ

経済産業省 リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業 経済産業省 リスキリングを通じたキャリアアップ支援事業

2. 医療福祉業界の従事者が働きやすい職場環境づくりへの支援

  • ICTソリューションの提供
  • 介護現場のICT化の支援
  • ヘルスケアIT人材の育成
トライトグループでは、医療福祉業界における負担軽減と生産性向上を目指し、医療福祉現場のICT化をサポートしています。トライトの傘下で介護事業所向けシステムの開発を手掛ける株式会社bright vieでは、介護事業所ごとに異なる課題を丁寧にヒアリングし、その課題の解決に向けたICTソリューションを提案しています。具体的には、国内外のヘルステックメーカーの介護や医療における機器データの取得や連携、分析から活用までをサポートするデータ連携プラットフォーム「ケアデータコネクト」や、介護現場の人材定着に特化したコミュニケーションツール「ケアズ・コネクト」を提供し、働き続けたい職場環境づくりに取り組んでいます。
また、香川県高松市で展開する「ICT BPOセンター」では、看護職や介護職等の資格保有者に対してリスキリングの機会を提供し、ヘルスケア現場の経験と介護ソフトの知識を併せ持つ専門人材として、介護現場のICT活用を支援しています。
コミュニケーションプラットフォーム「ケアズ・コネクト」

介護事業所向けの人材定着に向けたコミュニケーションプラット
フォーム「ケアズ・コネクト」

高松市「ICT BPOセンター」

高松市「ICT BPOセンター」

3. 従業員の成長と働きがいを実現する企業風土の醸成

  • パーパス・バリュー浸透活動の推進
  • 優秀社員を表彰するTRYT Awardの実施
  • ダイバーシティ推進活動の展開
トライトグループでは、企業の存在意義となるパーパスと従業員の行動指針となるバリューに基づく事業活動の展開により、従業員のエンゲージメントの強化とモチベーションの向上を目指しています。社会への価値提供の意識と行動変容を促す取り組みとして、グループ全体で「パーパスジャーニー※」というイベントを半期で2回開催し、経営陣と従業員との対話機会の創出や、全従業員がパーパスに基づく価値提供について協議・共有するほか、管理職や新入社員等の階層別研修も実施しています。
また、従業員のモチベーション向上やベストプラクティスの共有を目的に、毎年、様々な功績を上げた従業員を表彰する「TRYT Award」を開催し、2023年度は25名が受賞しています。さらに、従業員に対する適切な人事評価とフィードバックを実施することで、従業員の定着率向上を目指しています。

※:パーパスの実現に向けて、従業員一人一人がバリューに基づく自分の強みを活かし、自己成長と企業の成長を追求できる道筋や考え方を見いだす全社的な活動を指します。

「パーパス・バリュー」の管理職向けワークショップ

4. 事業の持続的成長を支える経営基盤の構築と運営

  • 職場安全環境の確保
  • コンプライアンス・リスク管理教育の徹底
  • サイバーセキュリティ体制の強化
従業員が安心安全に働ける環境の確保や、コンプライアンス・リスクの管理徹底、ガバナンス体制の強化等を通じて、事業の持続的成長を支える経営基盤の構築と運営に取り組んでいます。また、従業員が安心して業務ができるよう、「安全衛生委員会」にて定期的な調査、審議と改善活動を行うとともに、健康診断の受診、ストレスチェックの実施、全国事業所へのAEDの設置等、従業員の安心安全の確保に努めています。
また、持続的成長と社会からの信頼を得るために、従業員のコンプライアンス教育を重視しています。法令遵守やハラスメント防止に向けた規程の制定と定期的な研修・モニタリングの推進、「コンプライアンス・ホットライン」の設置、持続的な運営と再発防止の推進等を行っています。さらに、サイバーセキュリティ体制を強化し、セキュリティ統括機能の構築と拡充、対処すべきリスクへの対応、低減・受容・移転・回避を含むトラッキングと対応方法の明確化に加えて、標的型攻撃を想定したメール対応訓練等、従業員のITリテラシー向上のための研修を実施しています。コンプライアンス、並びにサイバーセキュリティ研修の従業員の受講率は、2023年度の実績で100%となっています※。

※:サイバーセキュリティ研修の対象は正社員、契約社員、嘱託社員を指します。

閉じる