【2020年におけるトライトグループの働き方への取り組み】

プレスリリース

コロナ下に対応した採用・研修体制の整備や新しい働き方を推進

〜全社員でのテレワークや新入社員200人のオンライン入社式、動画SNSを活用した研修など〜

——

介護・医療・保育分野での人材紹介・派遣サービス大手のトライトグループ(本社:大阪府大阪市、代表取締役CEO:笹井 英孝)は、この度、新型コロナウイルス感染症拡大の影響によって実施をした、当社の感染症対策や新たな採用方法・社内研修など、2020年における当社の働き方への取り組みをまとめました。

現在、新型コロナウイルスの感染拡大の猛威は留まることを知らず、今年12月の累計感染者数は18万人を超え、緊急事態宣言が発令された4月と比較すると約13倍も増加していること*から、今後日本全体の先行きが不透明な状況です。そのような中、約3,000人の社員を抱え、今年度約200の新卒社員を採用した当社では、すべてのステークホルダーの安心と安全を確保すべく、様々な感染症対策・対応を講じてきました。今後も、感染予防と感染拡大の防止・事業継続に向け、引き続き徹底した感染症対策を行っていくとともに、感染状況に応じて柔軟に対策を実施いたします。

*日本国内の感染者数(厚生労働省まとめ)
https://www.mhlw.go.jp/stf/covid-19/kokunainohasseijoukyou.html


■各種感染症対策実施の背景
 当社では、新型コロナウイルス感染症拡大という未曽有の事態で、感染リスクと闘いながら、日本の未来を支える介護・医療・保育業界を中心に、人材紹介・派遣サービスを展開しています。「エッセンシャルワーカー」と呼ばれる、生活の維持に不可欠な介護職員、看護士、保育士を近くで支える立場として、緊急事態宣言以降、新型コロナウイルスの感染予防対策を実装した新たなサポート方法を模索してきました。まず第一歩として、当社内で実践できることを従業員一丸となって徹底して行い、感染拡大に対する従業員の理解を深めることが、感染防止に繋がると考えています。


■主なトピックス
[コロナ下の当社の働き方への取り組み]
1)採用・研修関連
・新入社員200人の入社式・研修をオンラインで実施
・動画SNS「soeasybuddy」*を導入し、1,600人のノウハウをオンラインで共有
・採用面接の全面オンライン化
・新型コロナウイルスの影響で内定取り消しを受けた新卒学生向けに特別採用選考を実施

2)社員の働く環境
・全社員の在宅勤務への移行
・新型コロナウイルス感染症 対策委員会の発足
・サテライトオフィスを全国に開設

3)営業活動
・営業活動のオンライン化


■レポート詳細
1)採用・研修関連
≪新入社員200人の入社式・研修をオンラインで実施≫

・新型コロナウイルス感染症拡大を受け、2020年4月の新入社員約200人の受け入れに関して、当初対面で予定していた入社式と研修をオンラインに移行するため、3週間でオンライン用の研修プログラムを開発し、実施まで行った。研修では「成長意欲をもった新入社員の形成」をテーマに、業務に関する営業スキルや基本的なビジネススキル全般に関するe-Learning、業界知識に関する課題図書、オンライン上でのロールプレイング大会を開催した。
・在宅勤務期間においても新卒社員が一定の営業スキルを獲得できるとともに、動画SNS上にロールプレイング動画を投稿することで、新入社員と既存社員間のコミュニケーションの場としても活用した。
・新入社員に対して行ったアンケート結果では、約9割がオンライン研修でも同期とのつながりを感じたと回答、また実践を想定したロールプレイングを取り入れたことにより満足度は約8割超という結果になった。

≪動画SNS「soeasybuddy」*を導入し、1,600人のノウハウをオンラインで共有≫

営業部門を中心とした正社員約1,600人を対象に、ノウハウや成果事例、その他会社動向の社内共有の促進およびオンライン上での社内研修の実施を目的に、スマホを活用した研修動画サービス「soeasy buddy」を導入。通勤時や在宅でもオンライン上でスキル取得を可能にした。
* soeasybuddy サービス概要(株式会社soeasy提供)
https://pr.soeasybuddy.com/

≪新型コロナウイルスの影響で内定取り消しを受けた新卒学生向けに特別採用選考を実施≫
新型コロナウイルス感染拡大に伴う内定取り消しを受け、就職活動の再開を余儀なくされた学生を対象に2020年4月新卒入社の特別採用選考を実施した。

≪採用面接のオンライン化≫
中途・新卒採用における会社説明会と採用面接など、全ての採用活動をオンラインに移行。採用計画に合わせて今後の採用活動のオンライン化を積極的に取り組むことで、入社希望者の自宅からの会社説明会や採用面接への参加を円滑にした。


2)社員の働く環境
≪テレワークの導入≫

・4月の緊急事態宣言発令から2か月間、全社員がテレワークに移行した。宣言解除後は段階的な出勤緩和を行いながら、小さい子供がいるなどの不安な社員に関してはテレワークでの勤務を推奨しており、コーポレート部門に関しては現在も在宅勤務とオフィス勤務を合わせた勤務形態としている。
・今まで半数以上の社員がデスクトップPCを使用していたが、全社員がノートPCに移行を完了し、今後在宅勤務となった場合にも迅速に対応できるよう環境を整えた。

≪新型コロナウイルス感染症 対策委員会の発足≫
新型コロナウイルス感染症の拡大が深刻化した2月、社内で迅速な情報共有・対応を行うことを目的にコロナ対策委員会を発足。全社員が安心して勤務できる環境整備とルールの設定を行った。

・次亜塩素酸ナトリウムの希釈方法や手指消毒の仕方について動画を作成し、社内で共有。コロナ予防方法の啓発を行った。
・PCR検査を受けた場合や濃厚接触者に認定された場合の対応について確認・相談できる社内用のチャットボットを作成、全社員が正しい判断を行えるような体制を整えた。
・PCR検査の受診時やコロナウイルス発生時など、緊急時には看護師資格保有者が迅速に対応している。
・全社員が出社するうえで感染症対策を徹底するため、オフィスルールを設定。
オフィスルール例)
– 社員の座席の両隣と前を空けて着席し、正面に飛沫防止用パーテーションを設置
– 電話は携帯電話の使用を原則とし、固定電話を使用した場合は消毒の徹底
– 昼食は2名以下(2名で行く場合には並列、もしくは4人掛けテーブルに対して斜めに座る)
– 夜の懇親会(飲み会など)の禁止
– 面談室・冷蔵庫・複合機など共有スペースのこまめな消毒
– 面談室利用時のルールを徹底、外部の方との面談室利用時にはQRコードを読み取りチェックシートを入力
(※確認項目:利用者全員がマスクを着用している、風邪症状がないことを確認した、面談者同士で対面をさけ1m以上空いている、面談室定員の半数で利用している、ドアは開放されている)
・全社員の社用携帯に厚生労働省が提供する新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA*」を導入。通知が確認された場合、通知日から2週間の在宅勤務を命じている。
・コロナウイルス感染者の発生時には報告書を作成、適宜オフィスビルの管理会社や自治体に提出し、状況報告を行っている。
*新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA) :
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html

≪第二支社を全国に開設≫
社員数の多い全国9拠点に第二支社を開設。3密回避の実現のために、全社員がソーシャルディスタンスをとり着席できるよう対応した。

▼第二支社の詳細

札幌〒060-0807 北海道札幌市北区北7条西4-17-1 KDX札幌駅北口ビル5階
新潟〒950-0087 新潟県新潟市中央区東大通2-5-1 カーブ新潟ビル9階
大宮〒330-0802 埼玉県さいたま市大宮区宮町2-81 いちご大宮ビル6階
東京〒100-0011 東京都千代田区内幸町1丁目1 UD日比谷4階
名古屋〒460-0003 愛知県名古屋市中区錦3-22-26 名古屋スルガビル 5階
高松〒760-0023 香川県高松市寿町1-2-5 井門高松ビル7階
大阪〒530-0051 大阪府大阪市北区太融寺町5-15 梅田イースト2階
神戸〒651-0087 兵庫県神戸市中央区御幸通4-1-1 TBM神戸ビル6階
福岡〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前1-11-27 峰ビル5階


3)営業活動
≪営業活動のオンライン化≫
当社では従来キャリアアドバイザーが面接や面談に同席する営業スタイルをとっていたが、転職希望者との面談や法人と求職者との面談・面接もオンラインに移行した。

・コロナ拡大を受け、転職希望者との面談はオンライン面談に移行
・WEB面接ツールを使用し、法人と求職者との面接もオンラインに移行
・介護、医療、保育業界では、社外の求職者を対象に求人を出している法人による説明会(勉強会)をオンラインで実施



【トライトグループ(旧:TSグループ)概要】
トライトグループとは、株式会社トライト、株式会社トライトキャリア、株式会社トライトエンジニアリングからなる人材紹介・派遣サービスグループです。2004年の創業時に開始した建設業界での人材紹介・派遣業の経験を活かし、人手不足の顕著な医療・介護・保育業界における人材紹介・派遣業を2006年より展開してきました。介護業界の人材紹介における転職者数のシェア率は業界トップとなる25%を占め、売上高はこの数年は年平均40%ずつ成長しています。2020年11月1日よりTSグループから「トライトグループ」に社名変更をし、主軸サービスである人材紹介・派遣業に合わせて人材育成・キャリア支援を強化し、医療・介護・保育業界を取り巻く慢性的な人材不足に関わるすべての社会課題へ寄与することを目指しています。

代表取締役CEO:笹井英孝
本社所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル13階
東京本部:東京都千代田区有楽町2-7-1イトシアオフィスタワー16階
社員数: 2,950名(臨時雇用者を除く) ※2020年8月時点
事業内容:医療・介護業界への人材紹介・派遣サービス等
https://tryt-group.co.jp/

代表取締役CEO:笹井英孝プロフィール
1991年東京大学法学部卒業。2000年コロンビア大学経営大学院修士課程(MBA)修了。国内大手銀行、外資系コンサルティングファーム等を経て、2005年医療機器メーカーであるオムロンコーリン株式会社の社長に就任。その後、セント・ジュード・メディカルやライフドリンクカンパニー等で経営トップを歴任。2019年11月、トライトグループ(旧:TSグループ)CEO及び同グループ3社(株式会社トライト、株式会社トライトキャリア、株式会社トライトエンジニアリング)の代表取締役に就任。

【各社概要】
和文社名:株式会社トライト
英文社名:TRYT Inc.
本社所在地:大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル13階
東京本部:東京都千代田区有楽町2-7-1イトシアオフィスタワー16階
代表取締役CEO:笹井英孝
設立:2016年
事業内容:人材紹介・派遣サービス等の事業を行うグループ会社の競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、経営計画・管理ならびにそれに付帯する業務
https://tryt-group.co.jp/

和文社名:株式会社トライトキャリア
英文社名:TRYT Career Inc.
本社所在地:大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル18階
東京本部:東京都千代田区有楽町2-7-1イトシアオフィスタワー16階
代表取締役CEO:笹井英孝
設立:2014年
事業内容:医療・介護・保育業界への人材紹介・派遣サービス等
https://tryt-career.co.jp/

和文社名:株式会社トライトエンジニアリング
英文社名:TRYT Engineering Inc.
本社所在地:大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル18階
東京本部:東京都千代田区有楽町2-7-1イトシアオフィスタワー16階
代表取締役CEO:笹井英孝
設立:2004年
事業内容:建設業界への人材紹介・派遣サービス等
https://tryt-eng.co.jp/

【本件に関する問い合わせ先】
トライトグループ 広報担当 伊藤
TEL:070-1442-8836 E-mail:info@tryt-group.co.jp