新経営体制のもと2020年売上330億円、前年比18%成長を実現

プレスリリース

社内業務DX化による生産性向上などが要因、専門組織発足でガバナンスも強化

〜21年は8拠点開設で地方展開を強化、離職防止の業界初DXサービス提供など予定〜

—— 

 介護・医療・保育分野での人材紹介・派遣サービス大手のトライトグループ(本社:大阪府大阪市、東京本部:東京都千代田区、代表取締役CEO:笹井 英孝)は、2019年から2020年にかけて刷新した新経営体制のもと、この度、2020年度通期(2020年1月〜12月)の業績として、売上330億円、前年比18%成長となり、これにより創業から17年連続の増収増益を実現したことを発表します。成長要因としては、コロナ禍において1年を通して市場が大きく変動・変化した中において、その変化をいち早くとらえ、顧客である病院や介護施設などに合った人材の紹介を適時に行ったことや、クラウド人事労務ソフトの導入など業務のDX化による生産性向上に着手したことが挙げられます。また、成長を持続する一方で、ガバナンス強化も図ってまいりました。2021年は、都市部との介護・医療格差が広がる地方への展開強化として8拠点を開設予定のほか、離職率を防ぐ業界初サービスの提供など介護・医療・保育業界のDX化を目指します。

▲左奥:常務執行役員野澤、執行役員井上、堀内、前田
左前:執行役員三浦、代表取締役CEO笹井、執行役員小田村

 
 当社は2004年に創業し、建設業界における人材紹介・派遣業を開始後、2006年より人手不足が顕著な介護・医療・保育業界にも提供範囲を拡大し、これまで約3万4千件の施設に対して人材採用の支援を行ってきました。

 当社では、2020年度に外部から経験豊富な人材を積極的に採用し、事業を推進してまいりました。外部人材では、人材サービス大手のマンパワーグループ株式会社にて常務執行役員を務めた井上卓暁氏や株式会社コナミデジタルエンタテインメントにて執行役員を担った堀内公博氏、元日本メドトロニック株式会社の人事ヴァイスプレジデントの小田村裕子氏、またソフトバンク傘下の医療系スタートアップにて経営企画責任者を担った三浦麗理氏が新たに参画し執行役員に就任するなど、これまでのトライトの幹部人材とともにダイバーシティある経営チームを作り、さらなる成長に向けて経営体制を強化してきました。2020年は新型コロナウイルス感染症拡大による緊急事態宣言の影響があったなか、事業者の倒産回避や多角化を支援するM&Aサービス提供や介護業界のDX推進を目的とした業務提携、また雇用需要が拡大している地方拠点での支社出店(高崎・岡山・鹿児島)に取り組み、前年比18%成長となる売上330億円を突破しました。また、ガバナンス強化を目的とした専門組織を発足し、社外取締役の登用や監査役会の設置などを実施することで、所有と経営の分離、適切なモニタリング体制の構築を実現してきたほか、女性役員2名と女性監査役1名を登用し女性活躍を推進してきました。

 そして、2021年は既存事業の深化を図りつつ、「地方展開の強化」と「業界のDX推進」を柱に新たな取り組みを行っていきます。地方展開については、介護・医療サービスにおける地域格差問題の解決に向けて、これまで業界内で先駆けて実行してきた地方展開のノウハウを活用し、既存の43拠点に加え新たに8拠点を開設予定です。また業界のDX推進については、介護職員の離職を防止するための業界初のDXサービス提供や、介護・医療・保育・建設業界における職場環境の改善や業務効率化を目的としたDXサービスを展開します。これらの取り組みにより、当社のさらなる成長だけでなく、事業を通じて「持続可能な開発目標(SDGs)」に貢献するほか、女性活躍推進室を設置し、女性社員のキャリア支援にも注力していく予定です。


■トライトグループ経営陣について

代表取締役CEO:笹井英孝(ささい ひでたか) 国内大手銀行、外資系コンサルティングファーム等を経て、2005年医療機器メーカーであるオムロンコーリン株式会社の社長に就任。その後、セント・ジュード・メディカルやライフドリンクカンパニー等で経営トップを歴任。2019年11月、トライトグループ(旧:TSグループ)CEO及び同グループ3社(株式会社トライト、株式会社トライトキャリア、株式会社トライトエンジニアリング)の代表取締役に就任。

笹井英孝 コメント

2020年はコロナ禍の始まり、緊急事態宣言、一時的な患者・利用者数の減少、第二波の発生と、すべての業界にとって、特に医療福祉関係者にとっては目まぐるしく環境が変化した一年だったと思います。弊社が結果として約20%の成長を成し遂げることができましたのは、そのような激しい環境変化に社員が柔軟にかつ迅速に対応できたことと、顧客企業や施設の悩みを少しでも解決したいという社員共通の想いの強さではなかったかと思います。2021年、コロナ禍が早期に収束することを願いつつも、引き続き人材不足を少しでも埋めるべく、社員一同全力で取り組みたいと思います。

グループ常務執行役員 営業本部長:野澤卓司(のざわ たくじ)

人材派遣会社、工務店等を経て、2013年TS工建(現トライトエンジニアリング)へ入社。 その後、大阪本社責任者、東京本部責任者を経て、2018年営業本部⻑就任。2019年執行役員、2020年4月よりトライト、トライトキャリア常務執行役員兼本部長就任。

グループ執行役員 CFO管理本部長:井上卓暁(いのうえ たかあき)

ミスミグループ本社、米国ミスミ、ウォルト・ディズニー・ジャパン等を経て、2014年より人材サービス大手のマンパワーグループ株式会社にて常務執行役員として本社部門を統率。 2020年1月当グループ参画、執行役員CFO管理本部⻑就任。

グループ執行役員 経営企画本部長:三浦麗理(みうら れいり)

1995年三菱商事に入社。ライフサイエンス系ファンド・ベンチャー投資、新規事業の立ち上げ等をグローバルで担当。その後、大鵬薬品工業にて経営戦略責任者、ソフトバンクのデジタルトランスフォーメーション本部にてヘルスケア系ベンチャーの経営企画責任者を経て、2020年1月当グループ参画。同年4月、執行役員経営企画本部⻑就任。

グループ執行役員 CMOマーケティング本部長:堀内公博(ほりうち きみひろ)

1999年楽天に入社。サービス・新規事業開発などに従事後、マーケティング部を立ち上げ、グループのマーケティング基盤を構築。その後、コナミデジタルエンタテインメントにて海外モバイル事業責任者、グローバルマーケティング責任者を経て、2020年8月当グループ参画、 執行役員CMOマーケティング本部⻑就任。

グループ執行役員 CHRO人事本部長:小田村裕子(おだむら ゆうこ)

外資系人事コンサルティングファームにて人事コンサルタント、国内製薬メーカー、企業内人事(SAP、Loreal、Cadbury) にて人事部長を経験。2009年より 2019年まで医療機器メーカー 日本メドトロニック株式会社 人事Vice Presidentを経て、2020年5月当グループ参画、執行役員CHRO人事本部⻑就任。

トライトエンジニアリング執行役員 営業本部長 :前田拓潤(まえだ たくひろ)

大手建築材料・住宅設備機器メーカー、ハウスクリーニング会社を経て2013年当グループ参画。 建設事業部の営業、新規拠点の立上、 拠点責任者を経験し、2020年1月派遣事業部⻑就任。 同年4月執行役員就任。同年11月よりトライトエンジニアリング執行役員営業本部⻑就任。




【トライトグループ(旧:TSグループ)概要】
トライトグループとは、株式会社トライト、株式会社トライトキャリア、株式会社トライトエンジニアリングからなる人材紹介・派遣サービスグループです。2004年の創業からこの数年まで年率約40%の売上拡大を実現し、介護・保育の人材紹介の分野においては業界1位、看護人材紹介では2位のシェア率をもつ企業に成長しました。2020年11月1日よりTSグループから「トライトグループ」に社名変更をし、主軸サービスである人材紹介・派遣業に合わせて人材育成・キャリア支援を強化し、医療・介護・保育業界を取り巻く慢性的な人材不足に関わるすべての社会課題へ寄与することを目指しています。

代表取締役CEO:笹井英孝
本社所在地:大阪府大阪市北区曽根崎2-12-7清和梅田ビル13階
東京本部:東京都千代田区有楽町2-7-1イトシアオフィスタワー16階
社員数: 2,789名(臨時雇用者を除く) ※2020年12月末日現在

【各社概要】
和文社名:株式会社トライト
英文社名:TRYT Inc.
設立:2016年
事業内容:人材紹介・派遣サービス等の事業を行うグループ会社の競争力強化に向けた各種環境の整備と支援、経営計画・管理ならびにそれに付帯する業務
https://tryt-group.co.jp/

和文社名:株式会社トライトキャリア
英文社名:TRYT Career Inc.
設立:2014年
事業内容:医療・介護・保育業界への人材紹介・派遣サービス等
https://tryt-career.co.jp/

和文社名:株式会社トライトエンジニアリング
英文社名:TRYT Engineering Inc.
設立:2004年
事業内容:建設業界への人材紹介・派遣サービス等
https://tryt-eng.co.jp/



【本件に関する問い合わせ先】
トライトグループ 広報担当 伊藤
TEL:070-1442-3661 E-mail:mi-ito@tryt-group.co.jp